賃貸オフィスと自社ビルによるメリットの違い

バナー

賃貸オフィスと自社ビルによるメリットの違い

基本的に今仕事をされている会社は賃貸オフィスがほとんどでは無いだろうか。
大きな会社だと自社ビルだったりすると思うが、なかなか自社ビルを持つというのは大変である。


かといって賃貸では毎月の賃貸料が発生してしまう。

では賃貸オフィスと自社ビルではどちらのほうが良いのであろうか。

に関しての情報が閲覧できます。

まず自社ビルを考えてみると、メリットとして不動産を保有していることによる担保の役割がある。

銀行などでお金を借りる場合の担保としてあてることができる。他自分の建物であるので建物の空間のレイアウトを自由に出来る、ほか対外的に自社ビルということで信用を得られることもあるだろう。


一方デメリットとしては最初の投資であろう。なにせビルを建てるのである。
土地代、建設費はもちろんのこと、固定資産費用も発生する。

また、建てるにしても当然時間もかかり、その間の会社運用をどうするかという問題もある。


一方、賃貸オフィスの場合のメリットは自社ビルの逆となる。

人には聞けない珍しい情報に精通したサイトです。

初期費用は自社ビルに比べかからない。

ほかビルのメンテナンス費用は必要とならず、会社の営業方針転換による事務所移動もスムーズに行える。
逆にデメリットは月々の費用であろう。

自社ビルだとむしろ他の賃貸者が入れば収入も増えるが、一方的に家賃が発生する。

ほか、別の会社との折り合いも発生するし、オフィスのレイアウト変更も所有者によっては変更するためには許可を得ないといけない場合が多い。
このように考えると賃貸オフィスと自社ビルを比較した場合どちらが良いかと考えると難しいものがある。

会社として一般のお客さんが訪れるような場合、たとえば洋服屋さんなどだと、自分の建物であればいつでもレイアウト変更ができるが、賃貸オフィスとなるとそれもままならない。方や一般的な会社の事務目的だと、レイアウトに関してはほぼ変える必要は無い。

様々なについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

また多くの商品を扱うような会社の場合、自社ビルであれば商品を置く場所を確保し易いが、賃貸オフィスだと部屋を多く借りておくと賃貸料が多くなってしまう。

その度合いによりどちらを選ぶかは慎重に考えないといけないのであろう。